カテゴリー
米大統領選挙の事例

不正の責任追及が開始?

今、米国で開始されている活動があります。
まったく報道されないけれど、少しづつ。
それは、選挙不正、不誠実な司法プロセス、議会のプロセス、マスコミによる世論操作と不当な検閲・情報統制、外国勢力の攻撃など、不正の証拠をもとに責任追及する動きです。

これまでに様々な不可解な事件が起こりましたが、一斉に摘発が始まったという、真偽不確定なニュースがあります。

トランプ弾劾裁判を急ぐペロシ、米経済とくに米株価の大暴落の不安など、不確定な状況が始まる。
大統領就任式までは、不安定な状況が続くでしょう。

トランプ氏は選挙での敗北は認めていない。
むしろ、架空、水増しの選挙、不正プロセスにより、選挙では勝利したと主張しています。

これに対し、危険な人物として弾劾しようとする動き。
いづれにしても、大手メディアが報道を統制しているので、
正しい現実の情報は得にくい状況にあります。

ペロシは逮捕されたか。軍事裁判へ。

カテゴリー
米大統領選挙の事例

1/6暴動について非難、責任を追及する

《トランプ大統領の声明》民主党は何を恐れているのか?
・1/6暴動について非難、責任を追及する
・トランプ氏は、政権移行に同意
・しかし敗北ではない、新なステージに移った
とツイッターに投稿した(何を言っても削除、凍結される環境)

やはり、ペロシ下院議長は暴動計画を知っていた。
民主党は、トランプ氏による反乱法の適用を恐れている。

大量の事実を暴露。
今、真実を公開する。
これまでだったら当然のように無視された情報の数々。

権力者やセレブが動画におびえている、との証言

カテゴリー
米大統領選挙の事例

1.6の議会暴動の後、トランプ声明

真実を語る者ほど嫌われるものはいない

愛国者の務めは、腐敗した政府から国を守ること
何という堕落した状況だろうか。
正義も倫理も勇気もない。

トランプ氏は、失望、失望、失望。
彼のリーダーシップなしで、誰が米国を立ち直せるだろうか。
彼には、多少ワンマンであっても、正義、公正、平等、民主主義に対する強いリーダーシップを期待する。

終息と秩序ある政権移行への宣言。

しかし、民兵組織が声明。

民間での動きにしびれを切らしたかのように、
これまで静かだった民兵が声明を発表した。

カテゴリー
米大統領選挙の事例

1.6混乱の後、いよいよ最後のカード

最後のカードを発動か?
共和党という政党は、終わった。
暴動の後、セキュリティチェックもなしで再開された議会。
議会運営者もグルではないか。

暴動の後、何事もなかったように再開された両議会合同会議。
あれだけの暴動で、精神的に動揺しなかったのは何故か?
暴動は計画されたもの。知っていた?かのようです。
誰がどの主張をしたか。
どのような態度を表明したか。

要件はそろった。

米国の転覆をはかろうとする勢力は、ついに
トランプ支援者を装い、その姿を現し、要件を満たした。

即座に出されたペロシ下院議長のトランプの職務停止?
いつの間に準備したのか。
暴動の期間中、また両院合同会議の最中、
タイプアップする時間はなかったのではないか。

いつ頃から中国共産党の米国の政治、経済、大学などの教育機関への浸透、さらに侵攻が始まったのか。

カテゴリー
米大統領選挙の事例

Antifaの乱入と結論

トランプ支持者は基本的に平和的で愛国者であるにもかかわらず、Antifaの乱入により騒然となった模様です。

これをトランプ支持者の犯行のように伝える報道はどうかな。
暴動の一部始終を見るとよくわかる。

外部に大集団がいて、それを警備する要員が1人だというのも不思議ですね。トランプ支持者は暴動を起こさないと思っていたら、暴徒が紛れていたということでしょう。
抵抗もせず、仲間も呼ばず、暴徒を誘導する様子もカメラが捉えていた。
トランプ反対勢力が一斉に抵抗しているように見える。

demo参加者の証言より

Antifaの顔認証の結果は、どうのような展開になるか?
大手メディアは、トランプ支持者の犯行と一斉に報道した。

上院、下院合同会議の結論が出ました。

副大統領の権限は出さず、深夜、翌朝にわたる議論の結果、
バイデン氏を次期大統領に承認するという結論が承認されました。

ずっと、モニターしていましたが、
議員の意見表明の内容は、反対意見はもっともなもの。
民主党の意見でも、情報を多方面に収集しているとみられる議員は、公正な選挙ではなかったとの意見が表明された。証拠としての映像を見せられなかったのが残念。

各州の結論に賛成派の意見表明は、すべて貧弱なもので、これなら容易に攻略できるという程度の陳述そのもの。
いまだ、証拠はない、という意見が多かった。
これならマスコミの煽動、大手IT企業の思いのままという印象。

残念な経緯。
不正の公表は、届かなかった。
意図的に無視されたというのが正しいだろう。
このしっぺ返しは、後日、米国民主主義の崩壊として
現実になるだろう。

残念な結果。数少ない、不正をなくする機会を失った。

カテゴリー
米大統領選挙の事例

1.6の状況

大混乱になった1.6のワシントンDC.

議会の様子は報道されていないけれど、議会の会場の外では
多くのトランプ支持者のほかに、反トランプ派が紛れ込んでいます。

不正選挙の結論は、
不正な大統領を選出する。

夜間外出禁止令が発布される。
催涙弾が発砲され、
州兵が議会場を取り巻く異常な事態となりました。

フェイクニュースが公然と報道される。
いよいよ戒厳令の出番だ。

この国は、外国勢力の餌食になってしまったようだ。

議会では、

結局、ペンス副大統領は???

上下両院合同会議の様子は(ライブ配信)

カテゴリー
米大統領選挙の事例

不正がまかり通る社会

ジョージア州の選挙では、大統領選挙の再現だ。

またまた堂々と、不正選挙が行われた。

1.6は、どう推移するのか。
多くの脅迫も、仕組まれたもの。

大手メディアは報道しないけれど、
実況中継はとらえた真実はこうだ。

今のコロナ感染爆発は、やはり外国からの入国を、
「特段の事情」
により入国を許している日本政府の意図的な政策によるものが大きいことが判明している。

国民の多くは、外国からの入国は、
厳しく統制されている、と思っている。
しかも、北京、大連という感染地域からの入国、とはどういうことだろうか。

日本にも外国勢力の侵入が止まない。

カテゴリー
米大統領選挙の事例

ジョージア州の選挙

ジョージア州の上院補欠選挙は接戦との情報が流れてくる。

果たしてジョージア州の選挙民は、これらの選挙詐欺の情報を得ているのだろうか。
「中国は我々を内部から滅ぼしている」米実業家
「ジョージア州で3万以上のトランプ票が削除」証言

戦争、それには武器も兵士も不要な戦い方がある。
それは、汚職、金、不祥事にかかわらせることにより、
内部から崩壊させることである。
            中国通の米実業家の話

選挙の時系列推移は、科学的におかしい、
選挙の投票は、減るはずがない。
サイエンティストの状況分析の結果である。

https://www.youtube.com/watch?v=hvANucQChp0

選挙の記録(時系列で、大統領選挙と同様な現象が起きている)

次の瞬間、票が減少した。

消えた5000票は、どこへ行ったのだろう。
また、分析や検証もなしで、選挙結果を認証するのか。

ほかにも、初期の段階で見つかった、票の減少画面。

消えた32,400票はどこへいいたのだろう。
映像は、うそをつかない。
速やかな、ドミニオン投票、集計システムの検証を
行う、それが選挙管理委員会の責務ではないのか。

そもそも疑惑だらけのドミニオン投票、集計システムを
なぜ使い続けるのか。
選挙管理委員会、州議会は民主主義の根底、公正な投票権
を守ることの意味も分からず、もはや機能していない
ことがはっきりしたのではないでしょうか。

カテゴリー
米大統領選挙の事例

1.5ジョージア州選挙

1.6米国会での大統領認証の前に、
1.5ジョージア州で上院議員の補欠選挙が行われます。

正当な選挙を確認する重大な局面です。
また1.5ジョージア州選挙では、どの選挙システムを採用するのでしょう。
以下の画像をクリックすると動画が起動します。

バイデン氏の認知症は、外国勢力の思うがまま!

この人を本当に大統領に据えたいとする、
・大手マスコミ
・大手IT企業
・民主党
・名前だけの共和党
の面々の思惑はなんだろう。
要するに、利権がらみの集団にすぎない。
しかも、外国勢力と癒着し、容易にコントロールされやすい、
これでは、米国の国益を損なうのは必須であろう。

だから、米国の国益を取り戻そうと、外国勢力を排除しようと、トランプが立ち上がったんですね。
外部にも、内部にもいる浸食された組織のなかで、
トランプ陣営では、沼のワニ、と称する意味も解ってきました。
これまでの4年間、さまざまな試練にもかかわらず、米国憲法にもとずく賢明な判断の時がやってきます。



米国民は、1.6 どう判断するか。
良識が問われます。

カテゴリー
米大統領選挙の事例

FOXニュースが伝える

Foxニュースが伝える1.6の仕組み、米国民の多くは知らされていない副大統領に役割。
大手メディアでは伝えられていない。
B次期大統領と決まったほうが都合いいから。

アメリカの正義は、どう動くか。