カテゴリー
米大統領選挙の事例

RCEPの脅威

米を侵略する背景で、米国第一主義の米国を除いて、RCEPという米包囲網が準備を進められていた。
なんと、日本がその中核にいた?

世界中が・・・

違法移民はどうする。
バイデンは、違法移民を受け入れる。
バイデンは理解していない。
怪しい行動は操り人形のごとし。
違法移民の背景には、

カテゴリー
米大統領選挙の事例

対中国政策の総括

ポンペオ国務長官は、トランプ政権の対中国政策を総括した。

政権の円滑な移行のため、最後の演説を行った。
トランプ大統領は、退任する。

不思議な旅は、始まったばかり。
暗闇,沼の水抜きには時間がかかる。
賢明な米国民による自浄機能がどれだけ有効であるか、
注意深くウォッチしていきます。

カテゴリー
米大統領選挙の事例

‘God Bless the USA’

LISTEN: Lee Greenwood, US soldiers release new version of ‘God Bless the USA’

チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報
  (トビキングより転載)

トランプ、ホワイトハウスへの道のり
   (一般社団法人 JCU より転載)

カテゴリー
米大統領選挙の事例

トランプメッセージ

絶大な人気のトランプ大統領。
反対に、選挙で勝利したバイデンは、そう多くの米国民をひきつけない。集会での閑散とした状況は、選挙で多数を確保したとは信じられない。
メディアはトランプ煽動を報道するが、暴動を起こしたグループは検挙できたのか。

弾劾裁判、任期1週間のトランプに対して、なぜ民主党は焦るのかそう急ぐのか。

中国スパイの逮捕は続く。
中共が恐れる軍事危機。今、懸命に備えている。

今や、外国勢力の中でイタリアは逮捕者が明らかとなり、
続いて中共との対立が明らかになっている。

カテゴリー
米大統領選挙の事例

その情報は正しいか

情報統制されると、どのような情報も真偽を確かめ、自分で信憑性を確かめないといけなくなります。
作業プロセスとしては、情報セキュリティ対応と同様に、フィルターが適切に機能しているかという作業が必要となり、ひと手間も二手間も増えるわけです。
特に、大手メディア、SNSに支配され、彼らに都合のいいニュースにばっかり触れることで、洗脳されかかっていることに気づきます。まさに、情報化社会の便利さを体感するときの暗黒、闇の側面です。

迅速な判断を要する作業には、負荷が大きい。
従来、お互いの信頼関係で仕事を進めてきた我々日本社会には、
試練の時ですね。周りが信じられなくなる、自分の判断だけが自分の基準になる。
それでも周りに何か、重要な情報を伝えたいとき、最近の米国では、あらゆる可能な手段、残されたコミュニケーションツールをつかって真実のメッセージを届けようとしています。

チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報

リンウッド弁護士が「真実だから観ろ」と言っていた動画に日本語字幕つけました(あろはにほへと より転載)

カテゴリー
米大統領選挙の事例

トランプ動向の速報

当サイトで引用している最新動画の大部分が、Youtubeにより
削除されました。

テキサス演説の全容

不正行為の手先、ツイッターの検閲に対し警告。
通信品位に関する230条撤廃か。
米国 中共対抗するための青写真作成

バイデンを許すな、という動きが加速。

外国勢力が姿を現した。

カテゴリー
米大統領選挙の事例

情報統制で最新動向が不明

このサイトでも、引用して紹介している複数のYoutube
画像が削除され再生できなくなっています。
Youtubeの会社の意図、規約に反した投稿だから、ということでしょう。無料で活用している以上、止むを得ない部分もありますが、youtubeは無料提供以上の、多くの広告収入を得ています。

一次情報をキャッチして流す、事実を報道することが、
報道機関の役割、使命とされてきました。
しかし、日本の放送局、大手新聞社は、特派員を現地に派遣しているメディアさえ、事実を正しく伝えていない。
米国の大手メディアの情報を横流しするだけ。

GAFAの独占、寡占状況では、事実を正しく知ることはできない。

ツイッターは、プラットフォームではなくなった。
Appleも、プラットフォームではなくなった。
ビルゲーツが、中国との関係が問題視されている。

Google、Youtubeの情報統制が問題視され始めた。Amazonのパーラーに対する対応も問題されている。
GAFAという巨大IT企業の影響は、改めて大きいことに驚きます。

このまま混乱が続くと、そのうち、マイクロソフトのOSを使う限り、PC、インターネットも利用できなくなるのでしょうか?

大統領の1.12(日本時間1.13早朝)スピーチが実施されました。主な内容は、
・米国の言論の自由は失われている
・米国の政治腐敗、汚職がひどい
ということに触れているらしい。

カテゴリー
米大統領選挙の事例

真逆の展開

大統領選は、事前の世論調査、メディア予想と真逆の展開に。
トランプ陣営は、集会への動員、TV視聴率でも大盛りあがり
再選した後に、中共には悪夢が訪れる!

選挙前からあちこちの集会で盛り上がっているトランプ陣営。
大手メディアは常にバイデン優勢と叫んでいるが、現場の雰囲気は全く違うようだ。

トランプ大統領の再選は大いにあり得ることだと言える。
情報筋はトランプ氏が「再選後の政権チームの入れ替え」について側近と話し合っていることを明らかにした。
その内容は中共にとって悪夢そのものだろう。
             (同動画の解説より)

カテゴリー
米大統領選挙の事例

バイデン疑惑、ついに事情聴徴取

あなたが追放される日はいつか。
あなたが逮捕される日はいつか。

パージが始まった。一斉に。即時。

アリババの馬氏は、中国脱出。
中国共産党に拘束され、徹底抗戦か。

カテゴリー
米大統領選挙の事例

言論封鎖の強化

外国勢力、左翼集団の一斉摘発が着々と進むなかで、急速に言論封鎖が進んでいます。
ツイッター、フェイスブックのアカウントの永久凍結に続いて、
パーラーの締め出しとサーバーの停止(Amazon、Apple)が行われました。

Youtubeの動画は、さらに検閲を強化し、偏向した話題しか出なくなります。

今、入手できる情報は、コントロールされているので、何が正しい情報、最新の情報であるかはわかりません。
すべての情報は、自己責任で判断することです。

統制がますます厳しくなる中で、
トランプ大統領の最新投稿という情報があります。

「トランプ大統領の最新の投稿です!!
 1月20日の新政権とは?
 新しい時代に向けて、立ち上がりましょう!」
という活動が始まっているようです。

期待しましょう。

何が正しい情報、最新の情報であるかはわかりません。
すべての情報は、自己責任で判断する必要があります。